レース回顧

2023ホープフルステークスのレース回顧 牝馬のキレでレガレイラが勝利

ホープフルステークスの結果 出走前に1枠1番のゴンバデカーブースが取消。それによりレガレイラとシンエンペラーへの票が集まりました。結果的にはレガレイラ1着、シンエンペラー2着となり、ゴンバデカーブースの実力はさぁどれくらいだったのかという結...
血統解説

レガレイラの血統解説 スワーヴリチャード産駒のニックス配合

ホープフルステークスに出走するレガレイラの血統解説・コース適性・向く展開を解説していきます。ホープフルステークスでは、今のところ、シンエンペラー、ゴンバデカーブースに次ぐ3番人気になりそうです。前走のアイビーステークスでは1番人気に押されな...
血統解説

ゴンバデカーブースの血統解説 パワーの源泉はBramalea≒Gold Digger

ホープフルステークスに登録しているゴンバデカーブース。サウジアラビアロイヤルカップは最後方からラスト3F33.5の猛脚で差し切った。差し切った相手がボンドガール、シュトラウスなので、ゴンバデカーブースにかかる期待ももちろん高くなります。ゴン...
血統解説

【血統解説】ビザンチンドリーム  エピファネイアのニックス配合 ダービー候補か!?

新馬戦 レース結果概要 1000m 62秒の前残りの展開を1頭だけ異次元な脚で差し切ったのですから、もうこれはクラシックの器といっても過言ではないでしょう。2着~4着は全て1番手~3番手の馬であり、それを差し切ったうえで、まだ余力が感じられ...
血統解説

【血統解説】スワーヴリチャード産駒でもサンデーサイレンスが入らなければ重く出るのではないか パワーホール血統解説

パワーホールは父スワーヴリチャード×母ストロベリーズストロベリーズはダート単距離で活躍した馬で、父コマンズの影響をよく受けています。二代母ストロベリーフェアからはミッドサマーフェアやソウルフルートが出ており、断続的に活躍馬が出ております。 ...
血統解説

ジャンタルマンタルの血統解説 強さの源泉を説明

メイクデビュー京都1800m芝外回りを制したのはジャンタルマンタル。 勝ち時計1分47秒4は、京都芝1800mの2歳新馬戦で歴代最速となる好タイムで、ゴール前では抑えながら2着に2馬身半をつける圧勝でした。レース中は終始好位のインを走り、4...
血統解説

【血統解説】ナムラフッカー スワーヴリチャード産駒の成功パターン 次は東京で見たい

スワーヴリチャード産駒の成功系はハーツクライの配合をなぞること、と言っても言い過ぎではなく、そしてナムラフッカーはそのままハーツクライの配合をなぞっており、ハーツクライ≒アイリッシュピースの2×3。まさに血統好きがたまらない配合でしょう。ア...
種馬解説

スワーヴリチャード産駒のニックス(成功パターン)を解説

スワーヴリチャード産駒は飛ぶ鳥を落とす勢いで勝利をあげていますが、その理由は何なのか。 この記事ではスワーヴリチャード産駒のニックスを説明し、スワーヴリチャード産駒の強さの源泉を探ります。そして、その上で今週出走予定のスワーヴリチャード産駒...
種馬解説

同じダイワメジャー産駒のアスコリピチェーノとヴァンヴィーヴの血統解説

新潟2歳ステークスにはアスコリピチェーノやルージュスタンニング、エンヤラヴフェイスなど有力馬が出走。 その中でも同じダイワメジャー産駒であるアスコリピチェーノとヴァンヴィーヴの血統解説をします。 ダイワメジャー産駒の走るパターンとは まずは...
血統解説

ドゥラメンテ産駒ラヴスコールの血統解説 前で粘るのが勝ちパターン?その理由を解説!

8月19日札幌新馬戦で横山武史騎手騎乗のドゥラメンテ産駒ラヴスコールが勝利しました。((2024.2.8 追記)続くアルテミスSでは10頭中6着、フェアリーSでは14頭中3着でした。) 上がり3Fはメンバー最速の34.8で、次走に期待が持て...